消炎鎮痛.com shouen-chintsu.com

整形外科領域向けインドメタシン情報サイトです

お問い合せ

文字サイズ

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

消炎・鎮痛貼付剤使用時のポイント

接触皮膚炎(かぶれ)

貼付剤の皮膚刺激には、物理的刺激と化学的刺激がある。物理的刺激による皮膚障害には、緊張性水疱、角層・表皮剥離、浸軟などがあり、化学的刺激は他の皮膚外用薬(抗菌外用薬、抗真菌外用薬、ステロイド外用薬、点眼薬、消毒薬、潰瘍治療薬、坐薬、膣錠など)と同様に、刺激性接触皮膚炎、アレルギー性接触皮膚炎、光アレルギー性接触皮膚炎等を引き起こす。本ページでは、消炎・鎮痛貼付剤による接触皮膚炎(かぶれ)について詳述する。

接触皮膚炎(かぶれ)とは

接触皮膚炎は「かぶれ」と一般によばれている。これは外部から皮膚に接触した化学物質が原因となり、皮膚に痒みや痛み、発赤、腫脹、水疱、びらん等の炎症を引き起こす疾患である。

接触皮膚炎は、アレルギー性と非アレルギー性に分けられる。

  1. ① アレルギー性の接触皮膚炎

    原因物質に感作〔原因物質が異物(抗原)として記憶〕されることが発症の条件である。パッチテスト等で陽性を示す。アレルギー性接触皮膚炎、光アレルギー性接触皮膚炎、アレルギー性接触蕁麻疹がある。

  2. ② 非アレルギー性の接触皮膚炎

    原因物質との初回接触で症状が出現する。パッチテスト等で陰性を示す。刺激性接触皮膚炎、光毒性接触皮膚炎、非アレルギー性接触蕁麻疹がある。

パッチテスト

接触皮膚炎の診断は、臨床症状および、パッチテスト、使用テストなどの結果により判断する。

  1. ① パッチテスト(貼布試験)

    アレルギー性接触皮膚炎の原因を検査する確実な方法はパッチテストである。第一に大切なポイントは、患者に原因と推定される薬剤を含む製品や鑑別すべき物質を漏れなく持参してもらうことである。
    パッチテスト反応には偽陽性、偽陰性があり、その結果の解釈は難しいことも多く、十分な知識が必要である。貼布することで感作する危険性も皆無ではなく、事前に説明同意を得ることが必要である。薬剤の場合は交叉反応を起こす薬剤、今後外用すべき代替品となる外用薬も同時に貼布する。
    判定後に原因薬剤、使用可能な薬剤を明らかにし、適切な生活指導を行う。

  2. ② 光パッチテスト

    光パッチテストは通常のパッチテストと同様に背部2カ所に貼布する。貼布24時間後に、UVAを照射し、照射後48時間に判定を行う。照射側と遮光側の反応を比較する。

MEMO アレルギー性接触皮膚炎の機序4)

アレルギー性接触皮膚炎反応は、大きく感作相と惹起相に分類される。

●感作相

皮膚から抗原(ハプテン)を取り込んだ皮膚樹状細胞が所属リンパ節へ移動し、抗原に対して反応するT 細胞(抗原特異的T 細胞)が誘導される。

●惹起相

再度生体に侵入した抗原に対し抗原特異的エフェクターT細胞が反応、活性化し、迅速に炎症を起こし、抗原を排除する。T 細胞の活性化に伴いIFN-γなどさまざまなサイトカインが誘導されるため、皮膚炎症が惹起される。

図2-2 アレルギー性接触皮膚炎のシェーマ

  • 4) 本田哲也:特集 新しい皮膚のイメージング手法 2 かぶれのライブイメージング. 皮膚アレルギーフロンティア, 12(1), 11-15, 2014
ページの先頭へ

このホームページで提供している情報は、医療用医薬品を適正にご使用いただくため、
日本国内の医師、歯科医師及び薬剤師などの医療関係者の方を対象に作成されたものです。

あなたは医療関係者ですか?