消炎鎮痛.com shouen-chintsu.com

整形外科領域向けインドメタシン情報サイトです

hifu・ka web

お問い合せ

文字サイズ

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

消炎・鎮痛貼付剤使用時のポイント

使用時のポイント

  1. 1皮膚適用部位近傍の病巣局所の薬物濃度を高める。
  2. 2全身循環系を介した全身への薬物移行が少ない。(全身性の副作用が軽減できる)
  3. 3貼付している間 (一定時間)は局所への薬物放出が持続するが、はがすことにより薬物摂取を中止することができる。
主な剤形は、
成形パップ剤とテープ(プラスター)剤であるが、現在、医療用医薬品として約200製品が発売されており、それぞれの販売会社より多くの情報が臨床現場に発信されている。
ページの先頭へ

このホームページで提供している情報は、医療用医薬品を適正にご使用いただくため、
日本国内の医師、歯科医師及び薬剤師などの医療関係者の方を対象に作成されたものです。

あなたは医療関係者ですか?